結婚式のラストを飾るエンドロールの種類

エンドロールとは結婚式の披露宴が終わり、新郎新婦が退場した後に放映される映像の事です。披露宴終了後、新郎新婦はお見送りを行いますから、その準備が必要となります。ですから、準備が整うまでの間にゲストを退屈させないよう、放映する映像です。最近、よく用いられているエンドロールは2種類あり、1つは挙式から披露宴までを撮影しておいて、新郎新婦の様子やゲストの様子をダイジェストに流す方法です。この場合のメリットはゲストも映像の中に写っていますから、ゲスト一人ひとりが参加しているんだという実感を見ている方にも伝える事ができます。もう1つは結婚式とは別日に行った前撮りの映像を流す方法です。前撮りの写真や様子をゲストが見る事ができますから、ゲストは挙式や披露宴では見られなかった新郎新婦の一面をうかがうことが出来ます。そして、そういった映像と一緒に参加してくださったゲストの名前をテロップで出します。中には参加してくださった事に対する感謝を含めた映像を作ったり、ゲストへのメッセージを含めたりする方もいらっしゃいます。

結婚式でエンドロールを上映するメリットと制作方法

結婚式の最期にエンドロールを流す事で式を綺麗に終わらす事が出来るだけではなく参加した方全員により思い出に残る感動する事の出来る結婚式にする事が出来るといった魅力があります。エンドロールの制作には自作と業者に依頼する2つの方法がありそれぞれに異なる特徴やメリットがあります。自作で制作する場合は市販されている映像編集ソフトを使用する事になります。自分の思った通りの構図にする事が出来る事や手作り感やオリジナリティを出す事が出来るといった特徴があります。また、業者に依頼する事と比較すると費用を安く抑える事が出来る事もメリットとして挙げられます。業者に依頼してエンドロールを制作するメリットとしてプロとして高い技術をふんだんに使用した映像にする事が出来るといった点が挙げられます。ドラマや映画、アニメのオマージュを制作する事が出来たり希望や要望通りのクオリティーの高い映像にする事が可能となっています。テンプレートを用意している業者が多くある事で迷う事なく手軽に制作してもらう事が出来ます。